自分の経験を生かしたい! がんサポート隊 ~ボランティアの育成~

がん患者さんやご家族、つどい場はなうめを応援するボランティア(がんサポーター)を育成します。

山口節枝

がんサポート隊 リーダー
ピアサポーターの山口節枝です。
特別な活動ではなく、身近な患者さんやご家族のお話に耳を傾け、気持ちに添うことから始めてみませんか?


はなうめのサポーター

  • 市民サポーター
    特別なボランティア活動をするものではありません。
    ほんのちょっとがんのことを知って、親族・お友達・同僚など身近なところで出会う、がん患者 さんやご家族にほんのちょっとの気遣いができる人を地域にたくさん増やすことを目的としています。
  • 聞き書きサポーター
    「聞き書き」とはその方の人生のお話を聞き、その方の話し言葉で一冊の本にして差し上げるという ものです。家族や地域にはその方の歴史が残り、語り手には自分にも役割があると実感し、聞き手は 人生の先輩から生き方を学ぶことができます。
  • ピアサポーター
    「ピア」とは「仲間」という意味で、「ピアサポート」とは、患者や家族としての経験をもって仲間同士で支え合うことです。 特別な技術は必要とするものではありませんが、体調や気持ちにある程度の準備が必要ですので、 はなうめ内で活動していただくピアサポーターをご希望の方については、個別に相談させて頂きます。

がんピアサポーター


市民サポーター養成講座

[ほんのちょっとがんの事を知って、がん患者さんや家族と仲良くなろう!]


  身近ながん患者さんやご家族のよき理解者をめざしましょう。

  1. がんってどんな病気?
    話し手:龍澤泰彦(医師・石川県がん安心生活サポートハウス所長)
  2. がんという体験を聴く
    話し手:がん患者・家族の体験者
  3. がんと上手につきあうコツ
    話し手:木村美代(看護師・石川県がん安心生活サポートハウス)
    2~3時間で行います。職場や地域で受講してみませんか?
    出張開催などご相談下さい。

がんサポーター要請講座いたします
ダウンロード


  ご自身やご家族のがんの体験を、市民サポーター養成講座で20分ほどお話しできる方を募集します。
  お話しする内容を文章にまとめていただき、20分でお話しする練習も当サポートハウスのピアサポーターが
  お手伝いします。

がんの体験談話し隊募集中
ダウンロード




聞き書きサポーター養成講座

[がんという体験から学ぼう!]

平成29年度の予定

  年に一度、3回シリーズで講座を行います。

  まずは聞き書きがどのようなものか体験してみましょう。

  お話ししている内容を録音して、文字に起こしてゆくので、パソコンで文字入力ができる方が
  のぞましいのですが、まずは受講してみませんか?

  1. 聞き書きを知ろう!
    まずは「聞き書きとはなにか」という講義から。
  2. 聞き書きをやってみよう!
    実際におひとりのお話を伺います。
    お話の内容を録音したもので、次回までに聞き書き体で書き起こします。
  3. みんなの聞き書き発表会!
    聞き書きをやってみて感じたこと・難しかったところ・工夫したところについて発表し合います。

    講師:天野良平氏
    聞き書きの魅力に出会って数年。 たくさんの方に知っていただくための活動をされています。


  聞き書きいたします

  聞き書きサポーターがはなうめをご利用されている、患者さんやご家族の聞き書きをいたします。

聞き書きいたします
ダウンロード

日本人の2人に1人はがんを経験。<br /> 身近な病気としても知っておきたいよね。<br /> 一緒に勉強してみよ~

地図・交通アクセス