はなうめの成り立ち

当サポートハウスでは県とともに、県内のがんサロンで活動する、
ピアサポーターを育成する講座をお手伝いしています。

  • 石川県のがんピアサポーター
    ピアは仲間という意味です。
    がんのピアサポーターはがん患者さんやご家族と「仲間」として支え合うボランティアということです。
    専門的な知識や特別な資格をもつのではなく、ボランティア活動をする上での心構えについて講習を受けた患者さんまたはご家族です。
    石川県ではあくまで「仲間として支え合う」という感覚を大切にこの活動を応援しています。
  • 受講条件
    がん患者またはがん患者の家族の体験がある方で、県内のがんサロンを運営する機関から推薦を受けた方が対象です。
    体調や生活、気持ちなどが安定して、ある程度の準備が必要だと考えていますので、受講のご希望があっても、しばらく待っていただくこともあるかもしれません。
  • ピアサポーターのための講座
    がん患者さんやご家族と「仲間」として支え合うボランティア活動の準備をする講座です。

    基礎講座では、ピアサポーターとはなにか?がん医療や緩和ケア、いつどんなふうに専門職を頼るのか?という事を学ぶと同時に、「自分自身の体験を語り、あなたの体験を聴く」「ほかの人のお話を聴く基本的な姿勢」に関するワークがあります。

    また、ピアサポーターさんたちががんサロンで活動してゆく中での悩み、課題などについて情報交換したり理解を深めたりするため、年に2回のフォローアップ研修も行っています。
トップページへ

地図・交通アクセス