看護部の診療体制

入院・外来一元化体制

定義 入院・外来一元化体制とは、患者(病を持っている生活者)が固有の生活(くらし)の営みを継続していけるよう、在宅の玄関である外来と病棟を一元化し、看護援助を行う体制のことです。

役割 在宅や地域と病院とをつなぐ役割は入退院支援室が担当し、各診療科の外来は急性期、回復期、緩和ケアの機能を持つ病棟とつながり、同一の看護単位の看護師が担当します。役割を果たすことで生活と医療の統合と継続した看護サービスの提供を目指します。

看護部の各部署について

病棟

一般急性期病棟

4A病棟 4A病棟は、主に整形外科の患者さんが入院しています。
安全に安心して手術を受けて頂けるように、一人ひとりの患者さんに寄り添いケアを行っています。元気を取り戻していく患者さんの姿を見ると、私達も元気になります。「笑顔とあいさつ」を忘れず、患者さんのより良い療養生活と退院後の生活を支援していきたいと、毎日「骨コツ」と頑張っています。

4B病棟 4B病棟は、消化器外科・消化器内科・呼吸器外科で47床の混合病棟です。主に外科的手術や内視鏡的手術、化学療法、放射線療法などの患者さんが多く入院されますが、看護師は日々多忙な中でも、思いやりと優しさを大切に接しています。患者さん個々に合わせたケアが提供できるよう、各専門分野のスタッフと協力しています。看護師同士は、助け合いながらコミュニケーションも多くとり、ワークライフバランスも大事にしている、活気あふれる明るい病棟です。

5B病棟 5B病棟は、循環器・呼吸器疾患を中心とした内科混合病棟で、最近では高齢者の心不全や肺炎患者が増えています。カテーテル治療や人工呼吸器などの急性期治療から退院支援まで、幅広い業務に対応しています。入院早期から多職種と連携し、できるだけ入院前の生活に近い状態で過ごせるように支援しています。毎日忙しいですが、みんなで協力しながら笑顔で頑張っています。

地域包括ケア病棟

5A病棟 急性期病棟で治療を行い、病状が安定した患者さんが入院しており、「地域で安心して暮らそう」をキャッチフレーズに退院後の生活の準備を行っています。退院後どのような生活を送りたいかご希望を伺いながら、日常生活動作の維持・向上、療養先に合わせた環境調整、安心して地域に戻れるよう関連職種との連携を図っています。
また医師・看護師・栄養士・薬剤師・理学療法士など多職種で糖尿病患者さんの生活指導も行っています。

回復期リハビリテーション病棟

3B病棟 整形外科・脳神経外科などの疾患において急性期を脱してもなお、サポートが必要な患者さんに対して、集中的にリハビリテーションを実施しています。患者さんの持てる力を活かした生活の実現に向けて、365日のリハビリテーションに加え、患者さん・ご家族と共に考えたプランを、他職種スタッフがチームで支援しています。また、退院後も安心して生活できるよう、地域の急性期病院や退院後の地域の医療機関、金沢訪問看護ステーションと連携し支援を行っています。

緩和ケア病棟

3A病棟 がんに伴う様々な症状を和らげ、がんの緩和治療とともに、患者さんが少しでも穏やかに日常生活を過ごすことができるように、安楽なケアを目指し、支援しています。また、症状が緩和され、在宅での療養も可能になった場合は退院の支援も行っています。緩和ケア病棟の理念「ここはあなたと家族の頼れる場~あなたの心に寄り添いたい~」のもと、患者さんがその人らしく大切な時間を過ごせるように支援しています。

病棟以外の部署

透析療法部

透析療法部は医師、看護師、臨床工学士で協同しながら患者さんの透析治療を担当しています。看護師は透析を受ける患者さんに安心・安全な治療環境を提供し、在宅療養を支援することを目標としています。透析患者さんは長期にわたる治療が必要であり、そのために日々のセルフケアが重要となってきます。透析の限られた時間の中で、シャント管理とフットケア、透析生活を送るための食事や内服管理について、アットホームな雰囲気で患者さんと共に考え取り組んでいます。

診療支援部(手術室、内視鏡室、放射線室、救急外来、採血室)

診療支援部は、診療に必要な侵襲を伴う検査や手術、治療を受ける患者さんを支援する部署です。手術室、内視鏡室、放射線室、救急外来、採血室に勤務し、多職種と連携して患者さんの安全を守り、安心して検査、治療が受けられるように支援しています。私たちはチーム力を大切に、患者さんの気持ちに寄り添いながらやさしい看護を目指しています。

化学療法室

化学療法室では、患者さんにとってライフスタイルを変えることなく仕事や日常生活を続けながら治療ができるというメリットをいかして、患者さん自身のセルフケア能力をいかし、安全・安心に治療が継続できるよう支援しています。医師や薬剤師とともに治療薬の過誤対策や抗がん剤曝露対策を行い、そのほか様々な職種が問題解決に向けてチームでサポートしています。また、患者さんの困っている内容に応じてソーシャルワーカー、薬剤師、栄養士などの支援が受けられるよう調整しています。

入退院支援室

当部署は入退院支援室長、入退院支援副室長、退院支援専従看護師1名、退院支援専任看護師5名体制で、入退院支援と病床管理を行っています。患者さんが安心して入院治療を受け、退院後、住み慣れた地域で安心した生活を送れるよう、病棟看護師とともに、サポートしています。

健診部

当健診部では「健康なときこそ、健康診断を!」を合い言葉に、受診者さんの健康管理や疾病予防を支援しています。健診医、看護師、保健師、事務員に加え、栄養士や各検査部門とコミュニケーションをとり、検査に対する受診者さんの疑問・不安に寄り添い、スムーズに検査を受けられるよう、きめ細やかな対応に努めています。

訪問看護ステーション

当訪問看護ステーションでは、「笑顔と安心をお届けします。やっぱり我が家がいいなぁと思えるように」を掲げ、病気や障害を持った方とその家族が、住み慣れた地域でその人らしく生活ができるように支援しています。また、病院や往診医の先生方と連携をとり、専門的なリハビリテーションや充実したターミナルケアを提供しています。スタッフ同士みんなで助け合い、笑顔の絶えない、明るい職場です。

お問い合わせ

採用に関するお問い合わせ・お申し込みは、お電話またはメールにて受け付けております。
社会福祉法人 恩賜財団 済生会 石川県済生会金沢病院
総務課 採用担当までお気軽にお問合せください。

ページのトップに戻る